願成寺の桜

三月末までの暖かさに、桜の開花が早まるのでは…と思っておりましたら…。

四月に入ってからの三度の積雪に蕾が膨らまず、例年通りの開花となりました。

表門入ってすぐの右側に、枝垂れ桜が見頃を迎えています。

境内にいろいろな桜と共に、椿や雪柳、水仙、石楠花等、待ちかねた春風に花びらを揺らしているところです。

三日見ぬ間の桜かな…といわれている通り、境内に早々と春を呼んだ樹々は、風がなくても花びらを散らしています。

まだ色を残しながら咲いている木もたくさんありますので、今週末までは見頃かなと見上げているところです。

桜を背景にお堂を撮影したり、ご家族で記念写真を撮ったりしながら参拝される方々がお陰さまで年々多くなっています。

静けさを保ちながらも、賑やかに過ごしておられる様子を、有り難くも微笑ましく眺めております。

その光景こそ、阿弥陀さまが求めて止まない景であり、ご先祖様方が願う景であろうと思います。

お檀家さん達が、心を込めて庭園作業して下さっている境内です。

どうぞ、その心も感じながら参拝をし散策をして頂けたらと幸いに思います。